[マクリーン(米テキサス州) 1日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は1日、長短金利差の縮小は、成長が鈍化するとの見通しが出ていることを示しており、こうしたことは利上げのペースに影響を及ぼす可能性があるとの見方を示した。

同総裁は記者団に対し「利回り曲線の平坦化は 連邦準備理事会(FRB)にとり政策運営の余地が狭まっていることを示していると考えている」と述べた。

そのうえで、利回り曲線の動きはFRBの政策運営を一部反映するとし、「このため、いかなる緩和策の引き揚げも忍耐強く、段階的に行う必要があるとこれまでも主張してきた」と述べた。