[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領とロシアとの不透明な関係を巡る疑惑で米連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をしたとして訴追されたフリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)は1日、虚偽供述を認めた。

検察当局が明らかにした。検察当局はフリン氏が当時の駐米ロシア大使と接触する前にトランプ大統領の政権移行チームの意見を求めたとしている。

フリン氏は2016年の米大統領選挙にロシアが介入したとされる疑惑の中心人物の1人。ワシントンの裁判所に出廷し、トランプ大統領の今年1月の就任前に当時のロシアの駐米大使だったルセゲイ・キスリャク氏との接触についてFBIに虚偽の供述を行ったことを認めた。

モラー特別検察官が進める「ロシアゲート」を巡る捜査で罪を認めるのはフリン氏が初めて。同氏は最大で禁固5年の刑を受ける可能性がある。

ABCニュースはこの件に関し、フリン氏はトランプ氏自身が大統領に就任する前にロシア側と接触するよう指示したと証言する意向を持っていると報じた。ABCの報道を受け、米株価と米ドルは急落。米債券利回りも低下した。

トランプ氏はロシアとの癒着を巡る疑惑を否定しており、ロシアも米大統領選挙でトランプ氏が有利になるよう介入したとの疑惑を否定。フリン氏がモラー特別検察官が進める捜査に協力することを決めたことは、同疑惑を巡る捜査の大きな山場となる。

ホワイトハウスはフリン氏による虚偽供述の認知は同氏のみに関するものとする声明を発表している。

ABCニュースの報道の通りにフリン氏がトランプ氏の指示に従ってロシア側と接触したと証言した場合、それ自体は必ずしも罪にはならない公算が大きいが、トランプ氏がフリン氏にFBIに虚偽の供述を行うように指示したと証明されれば罪となる可能性がある。ただ法曹関係者の間では現役の大統領を起訴できるかどうか意見が分かれており、罪に問われた大統領に対する措置は議会による弾劾以外にないとの見方が大勢となっている。

*内容を追加して再送します。