チャートではわからない相場解説
2017年12月4日公開(2017年12月4日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
岡村友哉

12月の市場では、値頃感のある株を安易に買うな!
年末に向けて「節税売り」されやすい「塩漬け株」を
現時点での「信用買い残」と「下落率」から推測!

 早いもので、師走ですね。2017年が始まってからここまでの日経平均株価を改めて振り返ると、11月30日(木)時点で、昨年末と比べて「3610円」も上がっています。年初には全く想像付きませんでしたね、こんな変貌するとは(笑)。

■日経平均株価チャート/日足・1年
日経平均株価チャート/日足・1年日経平均株価チャート/日足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 3000円以上も上がった今年の日経平均株価ですが、日本株を誰が買い、誰が売り、結果的にこうなったのか……。投資家動向で整理してみます。

今年の日本株を買ったのは
日銀と外国人投資家

 日経平均株価が今年の高値2万3382円をつけたのは、11月9日。その直前、11月第1週に到達するまでの投資家動向を、日銀を含めた主な投資主体の年初からの差引額(現物+先物)を累計し、棒グラフにしました。

 今年の高値をつけるまでの最大の買い手は、結局は「日銀」。日銀のETF買いが無ければ、今年の上昇は実現しなかったことは疑いようがありません。

 次いで外国人。外国人は9月第3週から、怒涛の勢いで日本株を買い、トータルでは3.2兆円の買い越しです。ちなみに外国人は、9月第3週から11月第1週までの9週間だけで、5.3兆円も買い越しました。つまり、今回のラリー(上昇相場)が起きる前までは、2.1兆円売り越しだったということです。

 これらのことから、3000円以上も上がった経緯を投資家の動きで振り返るなら、ラリー手前は外国人も個人も売っていて(相場感で動く投資家の売り)、その売りを日銀と自社株買い(相場感と関係ない投資家の買い)で何とか食い止めていた。そこに、外国人が買いにひっくり返ったことで、「日銀+外国人」のダブルタッグとなり無双化した……そんな感じです。

 証券会社関係者の鼻息が急に荒くなり「これから大相場が来る!」的なキャンペーンが出始めた感じもありますが、これはこの業界のあるある。外国人のサジ加減次第で相場なんて簡単に変わるわけで(日銀買いだけは変わりませんが)、鵜呑みにする必要もないでしょう。

外国人の買いがストップする一方、
これまで出遅れていた銘柄に復活の兆しが

 そんな外国人は、11月第1週から売り越しに転じています。日経平均株価が壊れたように上がるラリーは、すでに収束しているのでしょう。

 11月最終週には、外国人買いで上がってきた時期にとりわけ上昇が目立っていた株が、一斉に売られていますよね。世界同時進行で半導体株を中心としたハイテク株が売られましたが、日本では東京エレクトロン(8035)ディスコ(6146)信越化学工業(4063)安川電機(6506)などの下げがやたらと目立ちました。

 外国人が日本株を買っていた時期に上がっていた銘柄というのは、確実にその時に外国人が買っていた銘柄で、それらが売られています。

 一方で、ラリー時に出遅れていた銀行、証券、保険など金融株、あとは鉄鋼株など低PBRのバリュー株が買われています。外国人があまり買っていなかった株が上がり始めたわけです。

 このタイミングでリターンリバーサル(上がっていた株が下落、下がっていた株が上昇すること)が強烈に効く形になった理由は定かではないとしても、何らかのポジション調整、もしくはロングショート(例えばハイテク株ロング/銀行株ショート)の巻き戻しが進みました。

 リターンリバーサルというのは、何かが売られても何かが買われる形になるため、日経平均株価などの指数自体は下がりませんが、たいして上がらなくもなります。こうなると、鼻息の荒かった証券関係者も少しトーンダウンします。

 ただ、日本では、メガバンクなどの銀行株は人気がありますし、バリュエーション的にも割安なため、この手のセクターが動き出すと投資家のマインドが上向きます。そこに乗じて、「ようやく銀行株主導で上げ始めた。バリュー株の底上げで本格的な上昇になるかもしれない」なる論調が目立ち始めるのも、この業界のあるあるです。

今年の12月は、実現益を圧縮するための
「節税売り」が増加する見通し

 こうした非常にわかりやすい循環物色が起きたため、「出遅れている株、安い株(値頃感がある株)でも買ってみようかな……」という空気で12月に入りました。

 しかし、先に結論からいえば、ここから年末にかけ、安い株を安易に買うのは避けたほうがいいように思います。その理由は……ずばり12月だからです。

 12月は1年の最後の月です。この時期に限り、日本の個人投資家が意識し始めることがあります。毎年のことですが、「節税」です。

 個人投資家にとっての12月というのは、ファンドでいえば決算月に相当します。株の税金は12月末までに稼いだ利益をもとに確定しますよね。もちろん、利益が出ていなければ関係ないのですが、多くの個人投資家にとって今年の実現益は相当大きいのではないでしょうか。

 前述の通り、今年の最大の日本株の買い手は日銀ですが、最大の売り手は個人投資家でした。しかも巨額……実に、差引き5兆円以上も「売り越し」なわけですから。

 「塩漬けにしていたソニーが売れた!」、「ポケモン相場のとき3万円で買っていた任天堂が4万円で売れた!」、そんな個人投資家を大量に輩出した1年になったといえます。5兆円の売り越し分には、当然、損失確定した分も含みます。とは言え、なんといっても日経平均株価が26年ぶり高値を付けた年ですから、圧倒的に利益確定分が多いと思います。

 この12月は、個人投資家の実現益が例年になく大きい形で迎えます。だからこそ、特定口座を使う一般的な個人投資家にとって、「手元に残している評価損の株は一回売ってしまおう」という動機が生まれますよね。年内に損を確定しておけば、実現益と相殺できるためです。これを「節税売り」と呼びます。

 今年の大納会は12月29日(金)ですが、ここでいう“年内”は税制上の“年内”。受渡しベースでの最終約定日は12月26日(火)になります。「ここまでに売っておきたい、手元の損失株」が合言葉です。

年初来高値より大幅に下落した「塩漬け株」は
「節税売り」により12月は軟調に

 個人投資家が多く保有している銘柄は、信用買い残で推測できます。例えば、昨年2016年12月の時点で、個人が信用買い残を一番多く持っていた新興株は、マザーズのそーせいグループ(4565)でした。

 そーせいグループは、年初来高値では2万6180円まで付けましたが、その後下落し、年初来高値の半値近い株価で12月に入りました。「塩漬け株」状態です。

■そーせいグループ(4565)チャート/週足・2年
そーせいグループ(4565)チャート/週足・2年そーせいグループ(4565)チャート/週足・2年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 そーせいグループは、案の定、年内の最終約定日に向けて売りが続き、軟調な12月となりました。かなり売られて値ごろ感があった銘柄は、年末に向けて上がりにくいといえる一つのサンプルです。

個人投資家が現在抱えている「塩漬け株」を
「信用買い残」と「年初来高値からの下落率」から推測

 では、今年はどの銘柄を個人投資家が塩漬け株にしているのでしょうか?

 11月24日時点の信用買い残高(株数)に12月1日(金)終値をかけ合わせると、金額ベースの信用買い残が計算できます。東証一部銘柄で、信用買い残が50億円以上ある銘柄を「個人投資家が多く持っている」条件とし、そのなかで年初来高値に対する下落率の大きい順に並べると、以下のような銘柄群になります。

■信用買い残(50億円以上)で年初来高値からの下落率が大きい東証1部銘柄20
[2017年12月1日時点]
銘柄名(コード) 信用買い残
(億円)
昨年末比
騰落率
(%)
年初来高値比
騰落率
(%)
詳細
ジャパンディスプレイ(6740) 108 -39.9 -45.1
詳細チャート(SBI証券)へ
アカツキ(3932) 133 100.3 -31.6
詳細チャート(SBI証券)へ
SUBARU(7270) 175 -22.6 -26.4
詳細チャート(SBI証券)へ
神戸製鋼所(5406) 107 -6.3 -24.9
詳細チャート(SBI証券)へ
日本ライフライン(7575) 61 98.2 -24.2
詳細チャート(SBI証券)へ
マツダ(7261) 118 -21.5 -24.2
詳細チャート(SBI証券)へ
KLab(3656) 146 175.5 -22.6
詳細チャート(SBI証券)へ
電通(4324) 67 -7.3 -22.1
詳細チャート(SBI証券)へ
オリエントコーポレーション(8585) 82 -14.2 -21.2
詳細チャート(SBI証券)へ
ブイ・テクノロジー(7717) 126 41.3 -19.6
詳細チャート(SBI証券)へ
楽天(4755) 52 -0.9 -19.3
詳細チャート(SBI証券)へ
アドバンテスト(6857) 50 12.1 -18.2
詳細チャート(SBI証券)へ
古河電気工業(5801) 128 73.4 -18.0
詳細チャート(SBI証券)へ
平田機工(6258) 68 84.3 -16.8
詳細チャート(SBI証券)へ
ペッパーフードサービス (3053) 93 1049 -16.5
詳細チャート(SBI証券)へ
ディー・エヌ・エー(2432) 112 -5.1 -15.7
詳細チャート(SBI証券)へ
日本郵政(6178) 135 -12.3 -15.7
詳細チャート(SBI証券)へ
三菱自動車工業(7211) 89 19.7 -15.4
詳細チャート(SBI証券)へ
IHI(7013) 54 15.5 -15.3
詳細チャート(SBI証券)へ
村田製作所(6981) 280 -1.8 -14.2
詳細チャート(SBI証券)へ

 塩漬け度合いでいえば、ダントツでジャパンディスプレイ(6740)です。漬物でいえば、古漬けってやつですね。また、2位のアカツキ(3932)は、今年に入って株価が2倍になっており、塩漬け株化しているのは6月以降に買った投資家に限られそうです。

そういう見方でいえば、上の表でピンク地になっている「昨年末比、年初来高値比ともに騰落率がマイナスの銘柄」に関しては「塩漬け株」といえるでしょう

 割安に見えても、SUBARU(7270)マツダ(7261)は他の自動車株より上がりにくいでしょう。また、9月末に第2回の売出を実施した日本郵政(6178)は、信用買い残が135億円以上と被害者が大量にいます。これらの株も、年末にかけた節税売り対象の最有力といえそうです。

 同じことをマザーズ銘柄で、信用買い残の基準を30億円以上として行うと、以下のような銘柄群が挙がってきます。

■信用買い残(30億円以上)で年初来高値からの下落率が大きいマザーズ銘柄
[2017年12月1日時点]
銘柄名(コード) 信用買い残
(億円)
昨年末比
騰落率
(%)
年初来高値比
騰落率
(%)
詳細
ドリコム(3793) 43.9 86.9 -45.1
詳細チャート(SBI証券)へ
ジーエヌアイグループ(2160) 100.4 171.1 -37.0
詳細チャート(SBI証券)へ
インフォテリア(3853) 36.3 42.7 -36.8
詳細チャート(SBI証券)へ
ソレイジア・ファーマ(4597) 74.2 今年上場 -35.4
詳細チャート(SBI証券)へ
メタップス(6172) 70.9 -22.7 -34.0
詳細チャート(SBI証券)へ
アンジェス(4563) 90.3 152.0 -28.7
詳細チャート(SBI証券)へ
ミクシィ(2121) 42.4 23.7 -27.7
詳細チャート(SBI証券)へ
そーせいグループ(4565) 187.8 -19.0 -25.3
詳細チャート(SBI証券)へ
モルフォ(3653) 30.0 -3.6 -22.4
詳細チャート(SBI証券)へ
PKSHA Technology(3993) 90.1 今年上場 -20.3
詳細チャート(SBI証券)へ
CYBERDYNE(7779) 71.9 -7.9 -16.8
詳細チャート(SBI証券)へ
ディジタルメディアプロフェッショナル(3652) 43.1 212.9 -16.7
詳細チャート(SBI証券)へ
中村超硬(6166) 41.7 390.3 -12.4
詳細チャート(SBI証券)へ
ブライトパス・バイオ(4594) 34.5 -1.7 -12.2
詳細チャート(SBI証券)へ
ユナイテッド(2497) 92.8 113.5 -8.4
詳細チャート(SBI証券)へ
ジャパンインベストメントアドバイザー(7172) 39.2 50.4 -6.1
詳細チャート(SBI証券)へ
サンバイオ(4592) 39.1 117.8 -2.3
詳細チャート(SBI証券)へ

 マザーズ株は、短期で売買する投資家が多いことを考えれば、昨年末比で上昇していても、年初来高値をつけた後、短期間で急落して古漬けレベルの塩漬け株になった銘柄も多いでしょう。それらには、ドリコム(3793)インフォテリア(3853)ソレイジア(4597)など、今年に入りブーム化した経緯のある銘柄が含まれます。

 また、昨年末比、年初来高値比ともにマイナスの銘柄でいえば、やはり今年もそーせいグループが入っています。

今年の12月の相場では、
個別株の「安易な逆張りの買い」は厳禁

 読者の方は、こうした需給要因を踏まえたうえで12月相場に臨んでみてください。

 鼻息は荒いけど、何が上がるかわからないから「出遅れ株がそろそろ来る!」と証券会社関係者が喧伝するのは、業界のあるあるです。客観的にみて、この時期に分が悪いのは今年上がった株より下がった株です

 今の相場では、日経平均株価の「安易な逆張りの売り」は厳禁。そして、個別株の「安易な逆張りの買い」も厳禁、といったところでしょう。

【今週のピックアップ記事!】
日経平均は調整中だが、投資家の下落不安は後退! 日米のアノマリーにより「上昇しやすい」と言われる12月の市場は「IPO・直近IPO銘柄」が物色の柱に!
【2017年 最新版】今すぐ株を買いたい人必見! たった1日で口座開設できるネット証券はここだ!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年12月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 217本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2461本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1019本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券より割当のある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1071本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2534本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。2017年9月より、1日定額制プランだと、1日10万円まで売買手数料が0円に! 手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP