経営×ソーシャル
企業の遺伝子
【第5回】 2017年12月26日
著者・コラム紹介 バックナンバー
武田 隆 [クオン株式会社 代表取締役 兼 最高経営責任者]

日本を「腸」から元気にしたい!森永乳業が消費者と創る健康体験

森永乳業の広告部長に、クオン代表が聞く

100年前に創業し、「乳」の力を研究し続けてきた森永乳業。牛乳・チーズ・ヨーグルト……。その根底には、創業時から抱き続けてきた国民の健康への思いがあった。オンライン消費者コミュニティの開発・運営を手がけるクオン株式会社の武田隆代表取締役が、森永乳業株式会社 広告部長の寺田文明氏に、同社の「企業の遺伝子」を聞いた。(この記事は2015年10月19日収録のラジオ番組『企業の遺伝子』の内容を活字にしたものです/オリジナル番組制作:JFN、番組企画:クオン株式会社、画像提供:森永乳業株式会社、構成・編集:編集工学研究所、番組パーソナリティ:武田隆、春香クリスティーン)

「人々の健康に貢献したい」
はじまりは母乳と牛乳の違い

武田隆(以下、武田) 森永乳業さんは、いつどのように創業されたんですか?

寺田文明(以下、寺田) 創業は1917年、今から100年前です。兄弟会社の森永製菓でキャラメルをつくっていたので、その原料である練乳をつくる会社としてスタートしました。

寺田文明(てらだ・ふみあき)
1984年森永乳業入社。東京多摩工場で原材料の受入れや仕込み、1985年中央研究所で豆腐、レトルト食品などの研究開発、企画開発に携わる。1990年から留学し、1992年にLAで豆腐の販売子会社勤務後オレゴンで豆腐製造の会社を立ち上げる。1999年に帰国後、営業部門の企画などに携わり、2008年5月から広告部(現マーケティングコミュニケーション部)に所属

 当時の日本に住む人たちは、栄養的にまだ不十分でした。そこで赤ちゃん用のドライミルク(粉ミルク)を発売したり、傷みやすい食品であった牛乳を流通させるため、腐らないように研究や加工をしていたのが企業の成り立ちです。

 当時の日本は冷蔵庫もない状態ですし、今のように機械化もしていなかったので、非常に気を使って製造していたようです。

春香クリスティーン(以下、春香) 100年前、すごいですね……。やはり創業時からずっと「乳」というのが企業の根幹にあるんでしょうか?

寺田 そうですね。経営理念は「乳の優れた力を基に新しい食文化を創出し、人々の健康と豊かな社会づくりに貢献する」というものです。人が生まれて最初の栄養になるのが母乳なので、そもそも「乳の優れた力」から始まります。

 一方で、私たちの近くには非常に栄養を含んだ牛乳があるのですが、牛乳と母乳とでは成分が異なりますから、それを人間に合うようにするにはどうしたらいいんだろうという研究からドライミルクが誕生しました。牛乳をさまざまなかたちでお届けしたいという思いが創業の頃からあるんです。

武田 研究がかなり重要な部分を占めているんですね。

寺田 今では誰もが耳にするビフィズス菌についても赤ちゃんの腸の中の研究をするなかでわかったことなんです。



武田 隆(たけだ・たかし) [クオン株式会社 代表取締役 兼 最高経営責任者]

日本大学芸術学部在学中の1996年、前身となるエイベック研究所を創業。クライアント企業各社との数年に及ぶ共同実験を経て、ソーシャルメディアをマーケティングに活用する「消費者コミュニティ」の理論と手法を開発し、複数の特許を取得。その理論の中核には「心あたたまる関係と経済効果の融合」がある。システムの完成に合わせ、2000年同研究所を株式会社化。その後、自らの足で2000社の企業を回る。これまでに森永乳業、ライオン、資生堂ジャパンをはじめ、300社超のマーケティングを支援。ソーシャルメディア構築市場トップシェア(矢野経済研究所調べ)。2015年、ベルリンと大阪に支局を開設。著書『ソーシャルメディア進化論』は松岡正剛の日本最大級の書評サイト「千夜千冊」にも取り上げられ、ロングセラーに。また、CSR活動の一環としてJFN(FM)系列ラジオ番組「企業の遺伝子」のパーソナリティも務める。1974年生まれ。海浜幕張出身。


企業の遺伝子

私たちが日々の生活で接する商品やサービスは、それらを生み出す企業のアイデンティティの"結晶"でもある。その企業はどんな経緯で創業され、どのような人たちが組織に集い、どのような想いでモノづくりをしているのだろうか?企業のアイデンティティはどれひとつとして同じものはなく、それぞれに個性的でドラマチック。そこに否応なく映し出されるのは、いくつもの歓喜と困難を経験し、時代を超えて受け継がれる“企業の遺伝子“だ。この連載では、注目企業に宿る彩り豊かな遺伝子のストーリーを、各社のキーパーソンたちが語り尽くす。聞き手は、オンライン上のマーケティング施策「消費者コミュニティ」の構築・運営を通じて累計300社を支援してきたクオン株式会社の代表・武田隆氏。

「企業の遺伝子」

⇒バックナンバー一覧