[ベルリン 2日 ロイター] - 独誌シュピーゲルは2日、ドイツ商工会議所連合会(DIHK)が2017年の独経済成長率予想を2.3%に引き上げると報じた。

DIHKは10月、17年の成長率予想を2.0%とし、従来の1.8%から上方修正。独経済がフル回転しており、輸出と個人消費によって支えられているとの見解を示していた。

シュピーゲルによると、DIHKは、好調な独経済を受け、税収が2020年までに120億ユーロ(142億7000万ドル)増加すると予想している。