11月24日、中国ではここ数年、政府高官らが債務の削減を政策の優先課題に掲げているが、これまでのところ目に見える成果は出ていない。5月撮影(2017年 ロイター/Thomas White)

[24日 ロイター] - 中国ではここ数年、政府高官らが債務の削減を政策の優先課題に掲げているが、これまでのところ目に見える成果は出ていない。逆に、ロイターの分析によると、中国企業が抱える債務は増え続けており、9月末現在の増加率はここ4年で最大だった。

 中国の政策担当者らは、国有企業や地方政府を説得して借り入れを削減させ、規制を強化。銀行の短期の借り入れを監視するなど、債務の爆発的な伸びに歯止めをかけるためにさまざまな措置を打ち出したが、その間も債務の拡大は継続。

 一部の推定によると、中国の総債務は経済規模の3倍に達している。

 国際通貨基金(IMF)は昨年、中国の信用の伸びは世界的な標準から見て「非常に速い」と指摘した上で、包括的な戦略を講じて債務問題に対処しなければ、銀行危機が発生したり、経済成長が急減速したりするリスクがあるとの認識を示した。

 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁も10月、米国で「ミンスキー・モーメント」と呼ばれている概念に言及して資産価格急落リスクを警告。

 企業の債務は比較的高水準で家計債務も急速に膨らみつつあると指摘し、人民銀は資産バブルの急激な調整によるリスクを制御し、地方政府の傘下機関による借り入れの問題に真剣に取り組むと表明した。

 総裁はまた、債務を一段と管理可能な水準に引き下げるためには時間がかかることを認めた。