[北京 4日 ロイター] - 中国の王毅外相は4日、朝鮮半島情勢を巡り、比較的平穏な期間が2カ月続いた後に緊張が再び生じたことは遺憾だと述べた。モンゴル外相との共同記者会見の場でコメントした。

王外相は北朝鮮を巡る核問題の解決策について中国はオープンな態度をとっているとしつつ、各当事国は話し合うべきとの考えを示した。