[4日 ロイター] - 仏広告大手ピュブリシス<PUBP.PA>傘下の調査会社ゼニスは、2018年の世界の広告市場規模が前年比4.1%増の5780億ドルになるとの見通しを示した。北米、西欧、アジア太平洋地域が若干低迷するとし、9月予想の4.2%増から小幅下方修正した。

2016年の伸び率は4.8%だった。

ゼニスは「2020年まで広告市場の伸びは世界経済の成長率を下回る」との見方を示した。