[ワシントン 4日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀は4日、次期総裁にコンサルタント会社マッキンゼーの最高リスク管理責任者(CRO)、トーマス・バーキン氏を指名したと発表した。

バーキン氏は来年1月1日付で就任。同年に連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持つメンバーとなる。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)