ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

薬科大学とDgSの連携
課題踏まえ2013年度採用活動に
17大学&25社でガイドライン

大陸挑戦が加速するドラッグストア各社
海外市場が新たな競争のステージに

ドラッグストアニュース
【第36回】 2011年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー

 薬学教育が新課程に移行し、いよいよ2012年春には、初めて6年制のカリキュラムを修了した学生たちが薬剤師として社会に飛び立つ。セルフメディケーションの担い手として期待が膨らむが、その一方で、彼らを採用する企業や、送り出そうとする大学では、それぞれの課題も見えてきた。

 10月14日、4回目の会合を持った「薬学生のための合同企業・大学交流会」は、関東を中心に薬科大学17校、DgS25社から、およそ50人が参加し、今後の薬学生の採用活動について、送り出す側、受け入れる側双方の立場から活発な議論が交わされた。本交流会は、2008年から毎年1回、関係者が一堂に会して行われている。

 今回のテーマは、2013年採用活動に関するガイドラインほか2点。6年制第一期生となる2012年春の卒業生については、2010年の12月ごろから会社説明会などを開催する企業が現れ、2011年4月(一部では3月から)からは多くの企業で採用試験がスタート、以降、順次内定を出すという、大まかな流れだった。

 6年制となった第1期生の採用活動は、実質的に実務実習と並行するかたちで進めることとなり、実習を休む学生が現れるなど課題があらわになった。このような実情を踏まえ、企業側と大学側の就職活動に対する取り扱いについて意見交換され、①企業側は学業の妨げにならないように配慮した採用活動を行うこと、②会社説明会、選考試験等は、原則的に土曜・日曜・祝日に実施すること、③選考試験は4月1日以降に行うこと、④会社説明会は12月1日以降、積極的に行うこと。以上4点がガイドラインとして確認された。

 

「ドラッグストアニュース」12月号 好評発売中!

これまで利用客の来店を待つばかりだった店舗。ネットスーパーや宅配などを手掛け自ら利用客のそばへ向かう取り組みも増えていますが、採算面で厳しい面もあり、思うほど事業が拡大していませんでした。そんな中、新たな視点で“お届けサービス”を拡大する企業が見られるようになりました。12月号第1特集では、頼れる店舗となるためのお届けサービスの視点、そしてその仕組みを企業の事例から紹介します。
第2特集では、圧倒的に女性利用者の多いドラッグストア(DgS)が、今後利用拡大をめざす男性マーケットにフォーカス。同じブランドながら男女で別の商品を展開するメーカーの商品マーケティングの視点を取り入れ、今後の可能性を探ります。
ぜひ、ご一読ください。
購読のお申し込みはこちらから

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧