ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

カールツァイスAG社長 ミヒャエル・カシュケ
市場のプレッシャーは無縁
財団所有ゆえの長期戦略

2011年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

財団所有という珍しい一面を持った、ドイツ最大の光学機器メーカー。日本進出100周年を迎えた長寿会社の今後の展望を聞いた。

Photo by Kazutoshi Sumitomo

──同じ光学機器メーカーとして、医療機器などで競合するオリンパスで不祥事が発覚し、外資系企業からの買収観測も流れている。この現状をどう見るか。

 オリンパスが置かれている状況について、われわれからのコメントは控えたい。

 事業分野で考えると、オリンパスとは特に顕微鏡で競合している。オリンパスの技術や製品はすばらしく、ベンチマークにしている強い競合他社の一つだ。

──ピーク時と比べて株価がだいぶ低くなっているが、買うつもりはないのか。

 われわれは財団が所有している非公開企業という特性もあり、資本が潤沢にあるわけではない。そのため、会社の内部からの成長に注力してきた歴史があり、そこに強みを持つ会社だ。

 過去には優れた技術を持つ小さな会社を買収したこともあるが、基本的に他社を買うことに焦点は当たっていない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧