ラ・ショー=ド=フォンを拠点とするスイスの高級時計メーカー「コルム」は、この12月下旬に「ヘリテイジコレクション」から”コインウォッチ”の新作3種を発売する。

 文字盤に希少価値が高いコインを使った”コインウォッチ”は、1964年の発表以来、ジミー・カーターやビル・クリントンなどの米国大統領、アンディ・ウォーホールなど、数多くの著名人に愛されてきた。

 コインを2分割し、その間に超薄型のムーブメントを収めた時計は、すべて手作業での製造。本物のコインを文字盤に採用した腕時計を販売しているのは、現在、「コルム」のみだという。

写真左から、「ヘリテイジ コインウォッチ(c082/03059)」1,900,000円(税別)、「ヘリテイジ コインウォッチ (C082/03167)」3,500,000円(税別)、「ヘリテイジ コインウォッチ スペシャルエディション (C082/03152)」2,100,000円(税別)

 

 アメリカ合衆国を代表するダブルイーグルが印象的な「ヘリテイジ コインウォッチ(c082/03059)」(税抜190万円・写真左)は、文字盤にシルバー925製の1ドル銀貨を使用。アリゲーターストラップをはじめ、スティール針、ロゴも青で統一して、クールなイメージ。

 一方、「ヘリテイジ コインウォッチ (C082/03167)」(税抜350万円・写真中央)は、22K イエローゴールドの20ドル硬貨と、ブラックのアリゲーターストラップの組み合わせで、格調高さを感じさせる。コインの裏に、自由の女神像をあしらったリバティヘッドがついている点にも特別感が。

 また、1973年に鋳造されたイスラエル国家の建国25周年記念硬貨を文字盤に採用した「ヘリテイジ コインウォッチ スペシャルエディション (C082/03152)」(税抜210万円・写真右)も見逃せない。アリゲーターストラップとスティール針は黒にすることで、慎ましく祝う姿勢を表しているとか。

 ”成功者を象徴する時計”という字名をもつ腕時計は、コレクションに加えるのにふさわしい。コイン自体の価値が高まるにつれ、年々、プレミアがつくのも魅力。好みにかなった1本を手元に。


「ヘリテイジ コインウォッチ」「ヘリテイジ コインウォッチ スペシャルエディション」

キャリバー:自動巻き(CO 082<ETA2892A2ベース>)
パワーリザーブ:42時間(ルビー21石)
ダイヤル:1ドル銀貨(シルバー925)、または20ドル金貨(本体22K・外周は18K)
ケース:43mm径、7.60mm厚。18K3N イエローゴールド、またはシルバー925
リューズ:[C082/03167、C082/03152]ダイヤモンド1個(0.17ct)[c082/03059]サファイア1個(0.17ct)
ガラス:サファイアクリスタル(無反射コーティング)
防水:10m/1気圧
本体価格:[c082/03059]1,900,000円(税別)[C082/03167]3,500,000円(税別) [C082/03152]2,100,000円 (税別)

GM インターナショナル
TEL:03-5828-9080
https://corumwatch.jp/