OLED

 JOLEDは12月5日、印刷方式の有機ELパネルを世界で初めて製品化し、出荷を開始したと発表した。

OLED
今回出荷が開始された21.6型の4Kパネル
OLED
1.3mmという薄さだ
OLED
今回のパネルの仕様

 出荷を開始したのは、21.6型の4Kパネル。1.3mmという薄さで、重量は500gとなる。医療モニター用として使われる予定だ。

OLED
同社の事業の歩み

 同社はソニーとパナソニックの有機ELパネル開発部門を統合する形で2015年1月に設立。RGB印刷方式の有機ELパネル開発を行なってきたが、2016年にジャパンディスプレイ 石川工場の一角にパイロットラインを構築。今年4月にはサンプルパネルの出荷を行なっていた。

さまざまなサイズのパネルが作れる
印刷方式のメリット

 印刷方式のメリットは、さまざまなサイズのパネルを同一のプロセスで製造できること。現在、有機ELは蒸着方式が主流だが、製造方式の問題で中型のパネルを作るのが難しくなっている。

OLED
蒸着方式のデメリット
OLED
印刷方式のメリット

 小型モニターはFMM-RGBと呼ばれる、R、G、Bそれぞれの色をマスクしながら蒸着する方式を採用しており、大きな基板のパネルを作るのが難しい。

 一方、大型モニターはいったんRGBの有機ELを蒸着させて白色を作り、その上にカラーフィルターを貼って色を発光させる方式を採用するが、小型のパネルは作りにくく、また発光効率もあまりよくない。

 印刷方式ならマスクを使用することなく、非真空空間でも生産できるため、基板のサイズに制限がなく、有機EL素材を積層するわけでもないので発光効率も高く、さらなる高精細化についても構造上の技術的制約が発生しにくい。

 現在、有機ELはスマートフォンなどの小画面、テレビなどの大画面で製品化されているが、中型は少ない。そこでJOLEDは、この中型の領域に的を絞って開発を行なってきた。

まずは大型モニター分野で印刷方式を広める

OLED
今回の出荷開始に伴い、石川工場で出荷式を行なったというJOLED 代表取締役 CTO&CQO 田窪米治氏

 同社代表取締役 CTO&CQO 田窪米治氏は、今回の製品化について「(ラインの)稼働から1年と3ヵ月で製品出荷ができた」と製品化が順調に進んだことを明かし「規模は小さく、第一歩ではあるがスタートラインに立てた」と語った。

OLED
JOLEDの技術の源泉

 また、ソニーとパナソニックの10年にわたる技術資産を引き継げたことや、技術開発において両者出身の技術者同士のシナジーが生まれたこと、株主、特にジャパンディスプレイの多方面にわたる協力があったことの3点が順調な製品化につながったとした。

OLED
同社1社でコアの印刷技術を持つのが強み

 さらに、同社の強みとして、印刷設備、ヘッド、インクの材料、プロセス技術をまとめて1社で持っていることを挙げ、ほかのパネルメーカーなどに技術供与する形で印刷方式を広めることも考えているという。

OLED
大型モニターも原型となる技術は開発が完了しており、今後検証などを行なっていく

 特に大型モニター市場については、開発は進めているものの同社単体で製品化・生産を行なう予定はないことを明かし、あくまで他社への技術供与で製品化を目指す姿勢を強調。

 小型モニター分野についても精度を向上させることで製品化を目指すとしており、印刷方式で「(有機ELの)次の生産技術のデファクトを目指す」と抱負を語った。