[ベイルート 5日 ロイター] - レバノンのハリリ首相は5日、辞任を撤回すると発表した。

同首相は先月、滞在先のサウジアラビアで辞任を発表。中東情勢の混乱に拍車がかかっていた。

レバノンの連立政権には、イランが支援するシーア派組織ヒズボラが参加している。同政権はアラブ諸国の争いに関与しない方針を改めて表明した。

ハリリ氏と親密な関係にあるサウジは、ヒズボラが中東に紛争を引き起こしていると非難。ハリリ首相の突然の辞任を受け、レバノンはサウジとイランとの代理戦争の舞台となっていた。

レバノン当局者は、サウジがハリリ首相に辞任を強制し、事実上の軟禁下に置いたと主張。サウジとハリリ首相は、こうした見方を否定している。

ハリリ首相はフランスの仲介でレバノンに帰国した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)