[北京 7日 ロイター] - 中国商務省は7日、米国が中国との通商関係についてマイナスの情報を流しているとの懸念を示した。商務省の報道官Gao Feng氏は「米国は最近、中国製品に対する貿易関連の調査に着手しており、継続的にマイナスの情報を流している」と述べ、「これは、中国と積極的に協力して中国での事業拡大を目指す米企業を中心に、米中双方の企業にとり大きな懸念となっている」と説明した。