[ワシントン 8日 ロイター] - 米国務省は8日、同省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が今月11─15日に日本とタイを訪問すると発表した。

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、同国にどのような形で圧力をかけるかを協議する。

同省は「北朝鮮が非核化を巡る信頼できる協議に復帰する体制を整えるため、両国と引き続き連携していきたい」と表明した。

トランプ米大統領は北朝鮮との直接対話は時間の無駄だと公言しているが、国務省高官によると、米政府は北朝鮮との直接対話を水面下で模索している。