[ニューヨーク 11日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では米連邦準備理事会(FRB)が今週の会合で利上げを決定するとの観測から、ドルが朝方の下げの大部分を回復した。ただ物価上昇が軟調となっていることに対する懸念がドルの重しとなっている。

FRBが12─13日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)を巡り、市場ではFRB当局者が低インフレに対する懸念を表明するかどうか、またこれが来年の利上げペースの鈍化につながるかどうかに注目が集まっている。

前週8日発表の11月の雇用統計では賃金の上昇が鈍いことが確認され、インフレが軟調となっていることで、利上げを進めるFRBの政策運営が一筋縄ではいかなくなるとの懸念が増大する結果となった。

TD証券(トロント)の北米外為戦略部門責任者、マーク・マコーミック氏は、前週の経済指標を受け今回のFOMCに対して若干慎重な見方が増えていると指摘。イエレンFRB議長が引き続きインフレを巡る懸念を表明すれば慎重な見方は高まるとの考えを示した。

今週はFOMCのほか、13日発表の11月の米消費者物価指数(CPI)統計が注目されている。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.09%低下の93.82一時は93.666まで低下した。

この日はニューヨーク市中心部で朝のラッシュアワー時に爆発事件が発生。これを受け、ドルに対する安全買いが入る場面もあった。BKアセットマネジメント(ニューヨーク)のマネジング・ディレクター、キャシー・リエン氏は、「ドルの反発に爆発事件の影響はかなり大きく作用した」としている。爆発事件を受け円やスイスフランなどの他の安全通貨にも買いが入った。

終盤の取引でドル/円<JPY=>は0.01%安の113.47円。

仮想通貨ビットコイン<BTC=BTSP>はルクセンブルクに本拠を置く取引所ビットスタンプで約12%高の1万6455ドル。同取引所で前週8日につけた過去最高値の1万6666.66ドルに近い水準で推移している。

ビットコインを巡っては米CBOEグローバル・マーケッツ<CBOE.O>が運営するシカゴ・オプション取引所(CBOE)で10日に先物取引<0#XBT:>が開始。先物1月限<XBTc1>は1万5460ドルで取引を開始した。直近の取引では1万7900ドル近辺となっている。

ドル/円 NY終値 113.55/113.57

始値 113.33

高値 113.57

安値 113.25

ユーロ/ドル NY終値 1.1768/1.1769

始値 1.1790

高値 1.1812

安値 1.1765

(表はロイターデータに基づいています)