[東京 12日 ロイター] - 麻生太郎財務相は12日の閣議後会見で、所得税改革に伴う増収見込み額に関し「1000億円を切るようなものにしたいという意識があった」と述べた。

財務省や自民党は当初、年収800万円超を増税対象とし、1300億円程度の増収を見込む案を軸に調整を進めていたが、公明党などの反発を受けて、増税となる年収水準を850万円(増収見込み額は900億円)まで引き上げた。