JDI
本日発表された超高精細HMD用ディスプレーのデモ機

 ジャパンディスプレイは12月12日、同社の技術説明およびVRゴーグル向け高精細ディプレーパネルの説明会を開催した。

 同社はソニー、東芝、日立製作所のディスプレー部門を統合する形で2012年に設立された企業。設立から5年を迎えた。

トランジスタを小さくできる
ジャパンディスプレーのコア技術「LTPS」

JDI
ジャパンディスプレー 執行役員チーフテクノロジーオフィサーの瀧本昭雄氏

 同社執行役員チーフテクノロジーオフィサーの瀧本昭雄氏は、同社のコア技術である「LTPS」(低温ポリシリコン)について説明。

JDI
トランジスタはフレーム部にも埋め込まれている
JDI
9型以下のディスプレーにおけるシェア

 TFT液晶は薄膜トランジスタに「アモルファスシリコン」方式を採用するのが主流だが、LTPSはスマホなどの中小型ディスプレーでシェアを急速に拡大しており、9型以下のディスプレーにおいては来年あたりにシェアが逆転する勢いとなっている。

JDI
LTPSの3つのメリット

 その最大の特徴はトランジスタを小さくできること。画素1つあたりのトランジスタの大きさが小さくなるため、開口率が上げたり、解像度を高くすることができる。

 また、ディスプレー外のフレーム、いわゆる額縁部に配置するトランジスタも小さくなるため、狭額縁化が可能。製品をより自由にデザインできる。

 さらに、高速なスイッチングが可能で応答速度が速く、動画などをくっきりを表示できる。

JDI
スマホの超狭額縁化を実現する「FULL ACTIVE」技術
JDI
スマホ前面のほぼ全体をディスプレー化できる

 このLTPSの特徴を応用して開発が進められているのが「FULL ACTIVE」という技術。トランジスタの小型化やレイアウトの最適化などにより額縁部を極限まで狭めるという技術だ。

 現在試作されているスマホ向け(6インチ、FHD+)のものでは、左右が1.6mm、下が4.55mmというフレームサイズを実現している。

JDI
超狭額縁にした上で、角を丸めたり、レンズ部に穴を空けたりできる

 さらに、曲線や丸い穴などの複雑な形状に対応するディスプレーパネルも開発。角を丸め、カメラのレンズ部分用に丸く穴をあけたパネルも開発している。

 現在、スマホの正面における画面占有率は80%ほどとなっているが、「90%を超えるには技術的な仕掛けが必要」と語る瀧本。FULL ACTIVEがその解決策になると自信を見せた。

後ろの景色が見える! 現在開発中の夢のディスプレー

JDI
ガラスに映像を投影しているかのように表示できる高透過・透明ディスプレー

 このほかの同社が現在開発中の技術も少し紹介した。

 透明なガラスに浮かび上がるように映像が表示される高透過・透明ディスプレーは、カラーフィルターと偏光板をなくすことで70~80%の背景透過度を実現。ARや車載用のインフォメーションディスプレーとしての用途を想定している。

JDI
メモリーを内蔵する超低消費電力ディスプレー

 また、超低消費電力を実現したディスプレーは、バックライトのない反射型ディスプレーの画素にメモリーを内蔵することでデータを保持。データの書き込みを必要な時にだけ行なうことで消費電力を抑える。

JDI
17インチの小型8Kディスプレーと、それを応用した裸眼3Dディスプレー

 このほか、17インチの8Kディスプレーや、それを応用した裸眼3Dディスプレー(動画対応)なども開発しているとのことだ。

JDI
超高精細なHMDの展示機

 そして同日、803ppiという超高精細なのVR(HMD)専用ディスプレーパネルを開発したと発表。実際の製品を会場に展示してデモを行なった。

 パネルは3.6インチで1920×2160ドット、90Hzで駆動。来年度中に量産できるのではないか、とのことだ。

JDI
会場では60Hzと90Hz駆動のディスプレーの比較も行なっていた。90Hz駆動ののほうがなめらかに動くため、VR酔いもしなさそうだ