[ブリュッセル 12日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)加盟各国は12日、ストルテンベルグ事務総長の任期を、当初予定から2年延長して2020年9月30日とした。

ドイツや米国が強く支持した。同氏は2014年10月1日に就任しており、同職を6年間務める異例のケースとなる。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)