[ソウル 13日 ロイター] - 韓国政府は仮想通貨取引について話し合うため、緊急会議を招集した。中銀当局者が13日に明らかにした。関連措置を15日に発表する予定。

さらなる詳細は明らかになっていない。

韓国は現在、すべての国内金融機関に仮想通貨の取り扱いを禁じている。

ただ、韓国企業が運営するビットコイン取引所ビットサムが取引高ベースで世界最大の仮想通貨取引所になるなど、同国は世界有数の仮想通貨市場となっている。

韓国のビットコイン関連株は朝方の取引で急落し、ビットサムの株式を保有するビデンテ<121800.KQ>とオムニテル<057680.KQ>はそれぞれ約8%安と5%安。ビットコインマイニング関連のJCHシステムズ<033320.KQ>も約4%下落した。

ビットコインを巡っては、韓国企画財政省が11日、取引を規制すべきかどうか関係省庁間で協議していることを明らかにした。また金融規制当局トップは、法務省当局者が仮想通貨取引の全面禁止を提案していると述べた。市場の規制に関する決定はまだ下されていない。

*内容を追加しました