[東京 13日 ロイター] - 菅義偉官房長官は13日午前の会見で、米国のティラーソン国務長官が北朝鮮と前提条件なしで直接対話する用意があると述べたことに関して、日米の首脳間で北朝鮮政策については完全に一致しているとの認識を示した。

菅官房長官は「累次の日米首脳会談で北朝鮮政策については突っ込んだ議論を行っている」としたうえで、「北朝鮮への圧力を最大限まで高めていくことを含め、首脳間の考え方は100%一致している」と指摘。「米ホワイトハウスでもトランプ大統領の北朝鮮に関する考えに変更はないと発表している。米国と緊密に連携しながら北朝鮮に政策を変えさせるため、あらゆる手段を通じて圧力を最大限まで高める政策に変わりはない」と語った。

(石田仁志)