[北京 13日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルは13日、中国に人工知能(AI)の研究拠点を設置すると明らかにした。

グーグルは声明で、こうした研究拠点の開設はアジアでは初めてだと説明。北京のオフィスで小規模のチームが業務を行うという。

同社はニューヨーク、トロント、ロンドン、チューリヒでも同様のAI研究拠点を展開している。

グーグルの検索エンジン、アプリストア、電子メール、クラウドストレージサービスへのアクセスは中国市場で禁止されている。