[ワシントン 14日 ロイター] - 米商務省が発表した10月の企業在庫は前月比0.1%減となり、予想と一致した。減少は売上高の増加を反映したもので、在庫投資が第4・四半期の成長率に大きく貢献しない可能性があることが示された。

国内総生産(GDP)の算出に利用される自動車を除く小売在庫は0.4%増。前月は0.1%減少していた。

企業売上高は0.6%増。前月は1.6%増加していた。10月の販売ペースで在庫を使い切るまでの期間を示す対売上高在庫比率は1.35カ月。前月は1.36カ月だった。