[ワシントン 14日 ロイター] - 米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は14日に公表した報告書の中で、ここ1年にわたりアジア地域を巡る関心が北朝鮮問題に集まる中、中国が南シナ海の人工島で高周波レーダーや軍事目的での利用が可能なその他設備の設置を引き続き進めていると警鐘を鳴らした。

CSISは衛星画像を基に、中国が複数のアジア諸国と領有権を争う南沙(スプラトリー)・西沙(パラセル)諸島の29ヘクタールにわたる範囲で、中国がこうした活動を進めていると指摘。

ここ数カ月間に新たな高周波レーダーとみられる設備などを設置したほか、弾薬などの貯蔵が目的とみられるトンネルの建設を完了したと分析した。新たなヘリコプター発着場や風力タービンも建設しているとした。