12月6日、高配当が売り物の欧州の石油・ガス株は、長いことインカムゲインを重視するファンドの寵愛を受けてきた。しかし投資家は電気自動車(EV)用バッテリーなど高成長が期待できる分野へとなびき、石油・ガス関連株から資金を引き揚げている。写真は、GMの中国合弁会社、上汽通用五菱汽車が販売する「宝駿」ブランドのEV。柳州で11月撮影(2017年 ロイター/Norihiko Shirouzu)

[ロンドン 6日 ロイター] - 高配当が売り物の欧州の石油・ガス株は、長いことインカムゲインを重視するファンドの寵愛を受けてきた。しかし投資家は電気自動車(EV)用バッテリーなど高成長が期待できる分野へとなびき、石油・ガス関連株から資金を引き揚げている。

 運用資産1兆ドルと世界最大の政府系ファンド(SWF)であるノルウェー政府年金基金が、原油の価格変動が大きいことを理由に石油・ガス関連株への投資を取りやめる方針を打ち出したことで、長期低迷が見込まれる同セクターに投資するリスクが鮮明になった。

 石油・ガス株に投資する上場投資信託(ETF)からは資金が流出している。ETFGIのデータによると、こうしたETFの11月の純資産額は219億ドル。3月の244億ドルから減少し、過去1年で最低となった。

 シュローダーズで国際株チームのリード・ポートフォリオマネジャーを務めるサイモン・ウェバー氏は「長期的には、石油・ガス業界は成長が止まった、もしくは下り坂のセクターとして見直さざるを得ない」と述べた。シュローダーズは同セクターの投資判断を「アンダーウエート」としている。

 石油・ガス関連セクターの見通しを暗くしている要因は多々あるが、世界的なEV重視の流れと環境問題が大きい。

 このため北海ブレントが昨年1月の1バレル=27ドルから今年は60ドル超へと上昇したにもかかわらず、欧州の石油・ガス株は出遅れている。

 欧州石油・ガス株指数は年初来で3.5%下落。これに対してSTOXX600指数は6.5%上昇している。