今年は「ジョジョの奇妙な冒険」連載開始から30周年ということで、5年ぶりにドコモからコラボモデルが登場する。発売は3月を予定しているが、予約は12月20日の12時から開始する。合わせて特設サイトもオープンした。なお、1万台限定で、ドコモオンラインショップでの販売価格は12万5712円(税込)となる。

ジョジョ

 ジョジョコラボモデル「JOJO L-02K」のベースはLGエレクトロニクスからリリースされる「V30+(L-01K)」。スペックは18:9の6型有機ELディスプレー、SoCはSnapdragon 835、4GBメモリー、内蔵ストレージ128GB、16.5+13.1メガのデュアルカメラ(イン5.1メガ)、Android 8.0など、文句ナシのハイエンドモデルだ。ただし、スペック以外の部分、たとえばプリインストールされているアプリなどは、すべてジョジョに関連するものに変更されている。

ジョジョ
ジョジョ

主なジョジョコンテンツ

  1. JOJOホーム
    画面をめくるごとに異なる壁紙が表示される。ピンチイン・アウトでアイコンが消えてイラストだけを鑑賞できるなど、画集のようにホーム画面を閲覧できる
  2. 擬音モード
    通知音や操作音がジョジョならではの“擬音”として表示されるモード。通知の重要度などに応じて擬音も変化するようだ。
  3. 名シーン&名言変換辞書
    原作の名シーンの数々が画像としてプリインストールされている。さらに、ジョジョスマホ専用の予測変換辞書は、作中の名言や固有名詞にバシバシ変換してくれる。
  4. JOJOエディター
    原作の名シーンの台詞を編集したり、画像とセリフを組み合わせてオリジナルのコマを制作し、SNSなどに投稿できる。原作が完成されているだけに、センスが問われそうだ。
  5. スタンドカメラ
    以前のジョジョスマホにもあったカメラアプリ。特殊能力「スタンド」を再現し、あたかもスタンドを使っているかのような写真が撮れる
  6. SBRトラッカー
    いわゆる歩数計。実際に歩いた歩数に応じて、作中の「STEEL BALL RUNレース」のコースを体験できる。
  7. JOJOプレイヤー
    停止操作で「スタープラチナ・ザ・ワールド」、戻す操作に合わせて「バイツァ・ダスト」が発動するなどのギミックを備えた音楽プレイヤー。このプレイヤーでQUEENの「ANOTHER ONE BITES THE DUST」を聴きたい!
ジョジョ
オインゴ・ボインゴ兄弟ならぬ、ポインコ兄弟がドコモにいる!

■関連サイト