[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は18日にも自身の「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」政策に基づいた国家安全保障戦略を発表する見通し。その中で中国が競争相手であることを明示するという。2人の政府高官が16日、匿名で明らかにした。

同戦略はトランプ氏のスピーチで公表される見通し。政府高官によると、戦略の内容は中国をけん制するものではなく、中国がもたらす問題について明確にするものという。

また、オバマ前大統領が2016年9月に行った気候変動問題に関する宣言を覆す可能性があるとした。

トランプ氏は外交政策の優先順位も発表する予定で、米軍の軍備増強やイスラム過激派への取り組み、貿易関係の再調整などを強調する見込み。