[東京 18日 ロイター] - 日本鉄鋼連盟は18日、2018年度の粗鋼生産が17年度をやや上回るとの見通しを示した。進藤孝生会長(新日鉄住金<5401.T>社長)は会見で「1億0600万トンを超えてほしい」との見解を示した。

鉄連では、日本経済について、人手不足に対する省力化投資や東京オリンピック・パラリンピック関連需要の本格化が下支えになり、引き続き、緩やかな拡大局面をたどるとみている。そのうえで、鉄鋼内需は、建設で前年度比微増、製造業は前年並みとした。一方、鉄鋼輸出は前年度をやや上回るほか、輸入は前年並みとなる見通しとした。

進藤会長は、中国の鉄鋼業界について「引き続きコントロールされていく」との見通しを示しながらも「リスクであることは間違いない。常に頭に入れておく」と注視する姿勢を示した。

2017年度の粗鋼生産は前年度並みの水準になる見通し。

(清水律子)