[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は、18日に予定している国家安全保障戦略の発表で、中国とロシアは米国の競争相手であり、安全や繁栄を脅かそうとしているとの見解を述べる見通しだ。

ホワイトハウスが公表したトランプ大統領の戦略に関する文書によると、大統領は「両国は経済の自由と公正さを低下させ、軍事力を拡大し、国内社会を弾圧し影響力を拡大するために情報やデータを操作するつもりだ」とした。

この戦略は大統領と主要な顧問らが数カ月かけて討論を重ねてきたもので、関係筋によると、オバマ前大統領が2016年9月に行った気候変動問題に関する宣言を覆す可能性があるという。

トランプ大統領はパリ協定が修正されない限り離脱を公言しており、文書は「米国はエネルギー安全保障、経済発展、環境保護のバランスを取るアプローチを引き続き発展させる」としている。

トランプ大統領自身は中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領と個人的に強い関係を結ぼうとしているものの、トランプ政権が文書で中国とロシアを「現状変更勢力」と糾弾した背景には、両国に対する懸念がある。

記者会見に臨んだ政府高官は、ロシアはウクライナやジョージアへ、中国は南シナ海への侵攻を進めており、両国とも世界の「現状維持勢力」を変えようとしていると述べた。

文書は、米国のインフラをサイバー攻撃から防衛し、「仮想空間の悪意ある主体を追跡する」とした。中国とロシアは米国を標的としたサイバー攻撃でしばしば非難されるが、両国は疑いを否定している。