VAIO、東映、クラフター
VAIO・東映・クラフターが共同で「VR映画事業」を開始

 VAIOと東映およびクラフターは12月19日、共同でVRコンテンツを映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を開始することで合意した。

 現在のところ個人レベルやゲームセンターで楽しまれているVRだが、3社では映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能な本格的VR映画の興行を計画している。

 VAIOがハードウェアの調達や最適化、ソフトウェアやネットワークなどのシステム開発を担当。東映はシネコンにコンテンツを配給、クラフターは3DCGアニメーション制作を手がけるという。2018年3月の試験営業を予定しており、上映するコンテンツの内容などに関しては2018年2月頃に発表される予定。