[ヤンゴン 20日 ロイター] - ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の広報官は、当局に12日逮捕されたロイターの記者2人に対する取り調べはほぼ完了したと明らかにした。今後、訴訟手続きに入るという。

ヤンゴンで拘束されているのはWa Lone記者(31)とKyaw Soe Oo記者(27)で、イスラム教徒少数民族ロヒンギャ族への軍事弾圧を取材していた。2人とも間もなく弁護士に会い、家族とも面会できるという。

Zaw Htay広報官は電話取材で「それほど長くはかからない。捜査はほぼ終わっている」と説明。2人とも健康状態は良好で、「違法な尋問」にはかけられていないと述べた。

多くの政府や人権団体、ジャーナリスト集団が、2人が逮捕され、弁護士や家族に会えていないことを非難していた。

広報官は、警察が2人の人権を尊重しているかとの質問に対し「している。法に従って行動するよう命じた」と答えた。

2人は英国の植民地時代の1923年に制定された国家機密法に違反した罪で、最高で14年の禁錮刑が科される可能性がある。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)