[ロンドン 20日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)は経済状態に関する定例報告書で、国内企業は来年の賃金提示額が平均で3%前後増加すると予想しており、伸びは今年の約2.5%から加速するとの見方を示した。

報告書は「賃金上昇はわずかに加速した」とし、「非常に多くのコンタクト先が、賃金提示額は今後1年間で2.5―3.5%上昇するとみており、今年の2―3%を上回る見込みだ」と説明した。

BOEは、企業は労働力不足が拡大していると報告しており、投資計画は「控えめな成長と一致している」と述べた。