正田連載

 定額通話の充実など、格安SIMがメイン回線として多くの人に広まってきていることを実感する。

 そんな2017年だったが、年末の最後に速度を測定して通信速度の傾向を分析してみたい。

 測ったのは手持ちがあった「IIJmio」「OCN モバイル ONE」「mineo(Dプラン)」「BIGLOBE」「イオンモバイル」で、比較用でドコモ契約のSIMも測定してみた。いずれもドコモネットワークでの計測となる。

 なお、今回は「HUAWEI P10 lite」「Zenfone 3」「Xperia XZ」を交互に利用して、いつものOOKLA Speedtestと、ドコモスピードテストを利用して測定した。

 端末による差もあるとは思うが、格安SIMの速度低下はドコモのネットワークとプロバイダーとの接続点にあるとの予想から、端末の違いによる速度変化は考慮していない。

ランチタイムの遅さは相変わらずだが
格安SIMによって細かな違いも

正田連載
お昼12時40分前後の測定結果(単位はMbps)

 格安SIMと3大キャリアの間には、料金面で大きな隔たりがあり、格安SIMを「安かろう悪かろう」と感じてしまうのも仕方がない。

 安さの理由を示す点が混雑時の速度だろう。特に以前から現在まで、ランチタイムの速度に大きな差がある。

 最も混雑するであろう12時40分前後の速度は、主要格安SIMが1Mbps未満であることに対して、ドコモ契約でspモードを利用したSIMでは速度低下はあるものの、別格と言わんばかりの高速さを示している。

 数字だけ見れば、高い差額を払ってでもドコモなど3大キャリアにしようという気持ちにもなり、格安SIMはどれも低速なのでは? と思ってしまうだろう。ただし、実際に使ってみると格安SIMの中でも使い勝手に違いが出る。

 あくまで筆者の経験だが、前回計測したBIGLOBEの場合は、動画サービスなどは12時台でもなんとか見ることができる一方で、IIJmioなどはかなり厳しい。

 逆にウェブサイト閲覧の反応という点では、IIJmioはだいたいすぐに画面が切り替わっていくが、BIGLOBEは少し遅いという印象だ。

 データ計測をしていても、最初に速度のピークが出るところがIIJmio、全体的に平均して速度が出るのがBIGLOBEという違いがあり、ウェブサイト閲覧のように、最初の反応がサクサク感に直結するような場合はデータの流れ方の差が快適さを上下する。

午後3時台は快適 特にmineoが優秀

正田連載
午後15時台の測定結果(単位はMbps)

 午後3時台はどれも快適な速度が出ている。IIJmioとイオンモバイルはダウンロード中の速度が激しく上下するが、mineo、OCN モバイル ONE、BIGLOBEは数字の大小はあるもののほぼ一定の速度でデータが流れてくる。

 このあたりのプロバイダーの速度調整のやり方の差や、抱えているユーザーの利用方法の差ということになる。

 細かいところを見ていくと、下り速度に限ってはmineoが午後3時台ではドコモと同等の速度を記録し、全体に高速という結果になっている。

夕方は全体的に速度が落ち込む
安定しているのはOCN モバイル ONE

正田連載
夕方18時台の測定結果(単位はMbps)

 速度が遅くなる時間帯のもうひとつに夕方が挙げられる。18時台を調べてみると各格安SIMともにぐっと速度が落ちている。

 ランチタイムほどではないので、ウェブ閲覧は大きな問題はないが、アプリの更新やゲームなどで大きめのデータダウンロードが発生した際に時間がかかり、速度の遅さを体感する。

 mineoはここでもOOKLA Speedtestでは格安SIMのなかでは良好な数値を出すがドコモスピードテストでは落ち込んでいる。

 通信先によっては速度面で得手不得手があると言えよう。また、IIJmioとイオンモバイルはこのような混雑する時間帯でも上り速度が出ており、写真のアップロードなど、上り重視の用途やウェブ閲覧時の反応速度が期待できる。

 また、OCN モバイル ONEはこの時間帯も含めて速度面では不利だが、実際に使ってみると大きな落ち込みなくデータが流れているという印象。

 主観的な表現で申し訳ないが、IIJmioやイオンモバイルがデータ速度に凸凹感があるのに対して、OCN モバイル ONEは遅いながらも一定速度でデータが流れてくるという印象だ。

早朝はどれも爆速 BIGLOBEとmineoは100Mbpsに迫る

正田連載
朝7時台の測定結果(単位はMbps)

 未明よりも速度が出やすいのが早朝だ。郊外から都心部まで通勤している人などはすでに電車に乗ってスマホを見ているかもしれない時間帯だが、通勤ピークよりも少し前ということもあってどれも爆速を記録している。

 特に速い速度を記録したのはBIGLOBEとmineo。100Mbpsに迫っており、計測中の針も時おり100を超えるところを指すほど。この時間帯にデータのダウンロードなどを行なうと高速そのものである。

ウェブ閲覧はIIJmio、動画コンテンツはBIGLOBEなど
用途によって格安SIMを選ぶべし

 ランチタイムなどの数値を見れば、格安SIMは遅いものという印象でどれでもあまり変わらないように思える。しかし、実際に使ってみると速度の傾向に差があるため、使用感もだいぶ変わってくる。

 ドコモ契約ほどサクサクではないという点は共通だが、それぞれ用途別に見るとすれば、ウェブ閲覧のIIJmio、動画コンテンツのBIGLOBE、速いときは速いmineo、そして、遅いが安定のOCN モバイル ONEというように得手不得手が変わっている。

 それでも、昼と夕方のピークを除けば、大きくドコモ契約に劣っていると思えないのも共通だ。用途に合った格安SIMを選んでほしい。