ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

緊急経済対策は誰のため!?

真の経済対策には栄養ドリンクよりも筋トレが必要!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第23回】 2008年9月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上田 去る9月1日、福田康夫総理大臣が突然の辞任を表明しました。それを受けて自由民主党の総裁選が告示され、後継者選びが始まります。

 その福田総理の最後の置き土産とも言えるのが、辞任表明の直前、8月末に発表された政府の「総合経済対策」です。景気減速トレンドが一段と強まる昨今、この経済対策はいったいどんな意味を持つのか。今回は、過去に行なわれた同様の対策も含めて、きっちり議論してみましょう。

 それにしても、あの突然の辞任会見には驚きましたね。安倍晋三前総理に引き続いて、「突然の政権投げ出し」です。これから自民党は、いったいどうするんでしょうか?

竹中 当然、厳しい評価は止むを得ないでしょう。逆に言えば、自民党が生き延びる唯一の術は「総裁選をドラマティックにやる」ことしかない。最近では、民主党のほうが影が薄くなって困っているという報道もあります。やはり、国民の関心はテレビへの露出度に大きく左右されますからね。

 その意味では、非常に厳しい決断とはいえ、結果的に色々なインパクトをもたらしたと言えるかもしれません。

実は「政府の安心」のための対策?
骨太方針の焼き直しに過ぎない内容も

上田 なるほど。福田総理の「置き土産」であるこの総合経済対策、竹中さんはどのようにご覧になっているんでしょうか?

竹中 まず対策の正式名称は「安心実現のための緊急総合対策」となっており、実際には「経済対策」という言葉がどこにも入っていません。さらに、これが20ページもあってすごく厚い。

 何故なら、その数ヵ月前に発表された今年の「骨太方針」に盛り込まれた内容を、もう1度焼き直したような内容も多いからです。たとえば、「社会保険庁の年金記録をちゃんと行なう」などという、経済対策とはあまり関係ない内容が多いのが実情です。

上田 そうなんですか?

竹中 政権与党として「選挙も見据えてこれだけはアピールしたい」という政治的な思惑を強く感じます。あれやこれやと全部詰め込んだため、水ぶくれしているんですね。言い方は悪いですが、「これでは、政治家の安心のための緊急選挙対策ではないか」と思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧