[シンガポール 21日 ロイター] - 21日のアジア時間の取引で原油先物はしっかり。前日は米原油在庫の減少を材料に、原油価格は上昇していた。

米WTI原油先物<CLc1>は0126GMT(日本時間午前10時26分)現在、0.03ドル安の1バレル=58.05ドル。

北海ブレント先物<LCOc1>は0.08ドル安の1バレル=64.58ドルで推移している。

WTI、ブレントともに前日は約1%上昇していた。トレーダーは、米原油在庫の減少が市場を支援していると述べた。

米エネルギー情報局(EIA)が20日発表した週間統計によると、15日までの週の原油在庫は650万バレル減の4億3650万バレルで、2015年10月以来の低水準となった。