ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
辻広雅文 プリズム+one

忘れ去られた「国会同意人事」に見る、民主党の政権担当能力欠如

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]
【第43回】 2008年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 なるほど、とは思う。

 自民党の総裁選は、ニューヨーク・タイムズ紙が「パン食い競走」に例えるほど候補者が――それもタイプさまざまな――出揃って、観客も沸いている。一着を手にした者が、その勢いに乗って総選挙に打って出たほうが、確かに、福田康夫・現首相が主導するよりも、自民党にとってはよほど期待が持てるであろう。

 だが、一国の指導者が、あらゆる政治的課題、経済的問題、国際的難題をわきに押しやって、自分が所属する政党の利害だけを優先して首相の座を辞任するなど、他国ではありえるのだろうか。体の芯が萎える思いがするのは、わたしだけだろうか。

 一方、野党に目を転じれば、民主党の代表選は候補者ただ一人の独走状態で、小沢一郎代表の無投票三選が決まった。となれば、政権を奪取すべく、政策を練る時間はたっぷりとあったはずである。

 だが、発表された基本政策は、あまりに安直である。子ども一人当たりつき2万6000円の手当て創設、ガソリンの暫定税率廃止、農業に漁業も加えた個別所得保証…。民主党にとって、すべての有権者は飴玉をねだる子どもなのだろうか。しかも、18兆円以上は必要だといわれる必要な財源は示されていない。不真面目、不誠実極まりない。

 民主党の政権担当能力を疑わざるを得ない事象は、「ねじれ国会」のなかでたびたび発生した。そのなかで、私は、多くの有権者、もしかしたら当事者たちも忘れてしまったかもしれないある案件を、重く考えている。

 先の通常国会の終盤、日本銀行政策委員会審議委員の候補として、池尾和人・慶應義塾大学教授が提示された。だが、参議院での同意人事に関する採決が見送られ、29年ぶりの審議未了、つまり、国会同意は得られなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]

1981年ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属後、エレクトロニクス、流通などの業界を担当。91年副編集長となり金融分野を担当。01年から04年5月末まで編集長を務める。主な著書に「ドキュメント住専崩壊」(共著)ほか。


辻広雅文 プリズム+one

政治・経済だけではなく、社会問題にいたるまで、辻広雅文が独自の視点で鋭く斬る。旬のテーマを徹底解説、注目の連載です。

「辻広雅文 プリズム+one」

⇒バックナンバー一覧