[パリ 22日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)によると、11月の消費支出は前月比2.2%増加で、予想を大幅に上回る伸びとなった。ロイターがまとめたエコノミスト13人の予想平均は1.4%増。予想レンジは0.9%─2.0%増だった。

10月の2.1%減少(1.9%減少から改定)からプラスに転換した。

10月の季節外れの暖かさから一転し、寒波で暖房用の燃料支出が7.6%増加したことが背景。

同様に衣類の支出も5.7%増え、全体の押し上げ要因となった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)