ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イケテルカノジョ養成講座

そんなに脆いのか、きみのハートは【前編】

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第1回・前編】 2011年12月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ロマン主義の開祖と呼ばれる作家シャトーブリアンは著書『アタラ』にこう書き記している。苦しみというものは、いつまでも長続きしない。どんな苦しみでも、遅かれ早かれいずれは消えてしまう。何故なら、人の心は有限だからだと。
 
 

 その表現を初めて耳にしたとき、ひどい違和感を覚えたことを覚えている。

 心が折れる――、である。

 何じゃそりゃ、と思った。
  何やねんいったい、と思った。
  だから何なんだってば、と思った。
  わからないわ、そんなの。何なのかはっきりしてよ、と思った。
  で、何なんです、その心が折れるってのは、と思った。くどい。

 日本語としてありえないからだ。心が折れるなんていう表現は。

 が、そういった言いまわしはいつしか慣用句のごとく使われるようになり、いまでは誰もが口の端に載せるようになった。口の端に載せるったって顔芸の一種じゃありません念のため。

 心が折れるだと――? まったくもってわからん。と思っていたが、気づいたときには新聞記事までがそうした表現を用いていた。私の知るかぎり、“心が折れた”という表現を日本でいちばん早く記事中に記したのが朝日新聞だと思う。違っていたらごめんなさい。

 しかし、その記事を読んだとき、私はすでに“心が折れる”という表現に違和感を覚えていたので、天下の朝日新聞がこんな表現を採用するのか。とたいへん驚き、その記事をスクラップしたくらいだ。インターネット全盛のご時世に、いまだに新聞記事を切り抜いて資料ファイルをつくっているアナクロ人間が私です。

 その記事をちょっと引用します。ちょっとと言いながらけっこう引用してしまうのが私の悪い癖ですが、記事は平成二一年一月二十八日の総合面に掲載されました。ちょうど二年くらい前ですね。『先生 生徒指導は今』というタイトルがつけられた連載の第二回目です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


イケテルカノジョ養成講座

きみは優秀なビジネスマンだ。周囲の信頼は厚く、友だちも多い。そして仲間にも頼られる。が、しかし……、恋人だけがいない。あなたはとても魅力的な女性だ。仕事も頑張って、自分磨きも怠らない。男友だちだってたくさんいるのに……、何故か恋人ができない。いつも元気で、前向きで、どんなことにも興味を持って挑戦する勇気があるのに、恋にだけは臆してしまう。そして、自信をなくしたて落ち込んだり。そんな男女がたくさんいる。イケテルカノジョを恋人にしよう。イケテルカノジョになって、素敵な恋をしよう。ノンフィクションライター降旗学が送る恋愛下手な人たちへの応援コラム。

「イケテルカノジョ養成講座」

⇒バックナンバー一覧