[北京 26日 ロイター] - 中国税関総署が26日公表したデータによると、中国は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁措置を受け、11月は北朝鮮から鉄鉱石、石炭、鉛を輸入しなかった。

また、ガソリン、ジェット燃料、ディーゼル、燃料油の対北朝鮮輸出もゼロだった。

北朝鮮による石炭、鉄鉱石、鉛、鉛鉱、海産物の海外への輸出を禁止する国連の新たな制裁措置は9月5日に発効した。

税関当局のデータによると、11月の液化石油ガスの対北朝鮮輸出は前年比58.3%増加。エタノールの輸出は82%増加した。