[ソウル 26日 ロイター] - 韓国統一省は26日、来年の北朝鮮情勢に関するリポートを発表し、核・ミサイル開発計画を巡り米国との直接対話や韓国との関係改善を模索する動きが北朝鮮から出てくると予想した。

リポートでは「北朝鮮が事実上の核保有国と認めさせる取り組みをを続けつつ、米国との交渉を求める」との見方を示したが、その理由には触れていない。

北朝鮮を巡っては、26日付の中央日報が韓国政府当局者の話として、人工衛星の発射を準備していると報じた。

専門家によると、こうした動きは弾道ミサイル技術の開発を目的としており、国連決議に違反するとみられる。