ACTIVO CT10

モジュール式で低価格を実現した新プレーヤーが登場した!

 12月16~17日開催の「ポタフェス 2017」でデビューを果たした「ACTIVO CT10」。ACTIVOは、ハイレゾ配信サイトを運営するgroovers(グルーヴァーズ)のオーディオブランド。CT10は若者や音楽ファンをターゲットにしたハイレゾプレーヤーの1号機である。

ACTIVO CT10

 音楽配信サイトによるプレーヤーと聞いて、「そんなにカンタンにDMP(Digital Media Player)の製品化できるのか」と不思議に思った読者もいるだろう。実はgrooversのバックにはAstell&Kernブランドを展開するグループ企業・アイリバーが控えているのだ。

 CT10は300ドル(約3万3980円)以下の価格を目標としている。Astell&Kernのエントリー機「AK70 MarkII」の半額程度だ。これで“AKサウンド”が楽しめれば超ハイコスパのお買い得モデルなのだが、そんなうまい話があるだろうか?

 実はこのCT10の設計に際して、両社は興味深い仕組みを取り入れた。オーディオ部分にアイリバーがAstell&Kernブランドで開発した「TERATON」(テラトン)と呼ばれるモジュールを採用しているのだ。

ACTIVO CT10
TERATON

 TERATONにはDACチップ(CS4398)やクロックジェネレーター、ヘッドフォンアンプなどDMPを作るうえで必要な要素が最初から組み込まれている。アイリバーはTERATONを今後外販していく計画で、このモジュールさえ組み込めば、様々な製品にハイレゾ再生機能を搭載できる。その記念すべき最初の製品がCT10なのだ。

ユーザーインターフェイスはAstell&Kern譲りの使いやすさ

 オーディオ回路をモジュール化する利点のひとつに量産効果によるコスト低減がある。オーディオ部分を共通化することで、様々な機器への搭載が可能になるということは、それだけ幅広い市場にリーチできるという意味だ。具体的な計画は明らかになっていないが、プレーヤーだけでなくヘッドフォンや車載機器、ワイヤレススピーカーなど高音質へのニーズがある製品はいくらでもある。搭載する製品が増えれば、その分だけ割安感が出てくるはずだ。

ACTIVO CT10
画面が左に寄っている独特なスタイルは、内部レイアウト上の問題だという

 対応フォーマットも5.6MHzのDSDや192kHz/24bitの192kHz/24bitのネイティブ再生に対応しており十分。さらにPCM変換となるが、11.2MHzのDSDや32bitのPCM音源も再生自体は可能だった。16GBの内蔵ストレージや最大256GBのmicroSDカードに保存したファイルを直接再生するだけでなく、USB DAC機能を使ってパソコン上の音源をより高音質に再生したり、CT10のMicro-USB端子からより高音質なDACにデジタル出力する機能も持つ。

 ヘッドフォン出力は22mW(8Ω)/36mW(16Ω)。S/N比115dB、歪み率(THD+N)0.0005%というスペック。

 一方、CT10の魅力はオーディオ回路のモジュール化による低価格だけではない。完成度の高いUI(ユーザーインターフェイス)を使える点にもある。実はCT10のGUI(操作方法)は、ほぼ「A&ultima SP1000」と同じだ。

ACTIVO CT10
左が「CT10」、右が「SP1000」の再生画面を表示
ACTIVO CT10
楽曲の表示方法を選択するメニューの順番と項目もほぼ同じ

 ホーム画面では再生中の曲の情報を中心に表示。ここから上下左右の各辺からスワイプすることで、各種機能のオン・オフやアルバムやプレイリストの選択、再生履歴の表示画面に切り替わる仕組みになっている。プルダウンメニューも用意されている。ここからタッチ操作が可能だ。

 さらに本体の左側に再生/一時停止やスキップ用の物理ボタン、右側にボリュームホイールを備えている。画面を見なくても選曲や音量調節ができるわけだ。海外製の低価格DMPではLinuxなどをカスタマイズした独自UIを採用している場合が多く、慣れるまで思い通りの操作ができないことも少なくない。聴きたい曲になかなかたどり着けなければイライラするが、CT10は最初から迷わず使えた。

ACTIVO CT10
ACTIVO CT10
特徴的なダイヤル、ホワイトとミントグリーンの明るいデザイン

 Astell&KernのGUIは2012年のAK100以降、5年にわたって吟味されてきたもの。プレーヤーに慣れている人だけでなく、スマホユーザーでも違和感なく使えるだろう。

 本体サイズは幅65.2×奥行き15.5×高さ93.2mm(概算値)で、重量約112gとコンパクト。液晶ディスプレーが中央より左側に寄った独特な外観だが、これはホーム画面を表示するためのタッチセンサーなどがある基板を液晶パネルの右側に置く必要があったためだという。

ACTIVO CT10
アルバム表示ではサムネイルが表示される
ACTIVO CT10
設定画面ではタッチで機能ONで色が青に変化する

Wi-FiとBluetoothを使ってストリーミング再生に対応

 若者向けの低価格モデルと言いながら、機能面でも充実している。まずクアッドコアのCPUを採用し、メニュー操作の反応は滑らか。Wi-FiやBluetooth機能も使える。

 Wi-Fiを搭載する主な目的は音楽のダウンロード。つまり、groovers Japanにアクセスして、ハイレゾ音源を直接購入できるようにするためだ。しかし恩恵はそれだけではない。一例として、DLNA Link機能が挙げられる。

ACTIVO CT10
Wi-Fi接続によりgrooversJapanから楽曲の購入ができる
ACTIVO CT10
ファームウェアのアップデートもワイヤレス対応

 Astell&Kernのプレーヤーには「AK Connect」というネットワーク再生機能が従来から搭載されてきた。これはLAN内のメディアサーバー(NAS)などに保存した音楽データをストリーミング再生できる機能だ。CT10はAstell&Kernの製品ではないため、AK Connectではなく、DLNA Link機能と呼んでいるが、基本的な考え方は同じだ。

 プレーヤー内でNASを検索し、ネットワーク経由で再生もできるし、タブレットやスマホにインストールしたコントロールアプリを使って、NASなど(ライブラリと呼ばれる)に保存してあるファイルを選び、プレイリストを作成、これをCT10のような再生機器(スピーカーなどと呼ばれる)に送ることもできる。スマホやタブレットで操作する際に使うアプリは「AKConnect 2.0」などアイリバー製のものでもいいし、DLNA/UPnPに対応した他社のアプリでもいい。

ACTIVO CT10
DLNA/UPnP対応アプリ(写真はKinsky)との接続は思った以上にカンタンだ
ACTIVO CT10
NASに保存したハイレゾ音源もワイヤレス再生できた

 CT10がWi-Fiにつながっている状態であれば、接続はBluetoothよりもカンタン。自動的に「CT10」が認識され、すぐにリモート操作ができる。ミュージックライブラリーを指定すると「CT10」側から、その楽曲を再生できる。またハイレゾファイルを直接送れるため、Wi-Fiの方が高音質なのだ。

音質はなかなか本格的、Astell&Kernとは一味違う味付け

 肝心の音質はどうなのか。

 その前に借用した試聴機をWi-Fiに接続したところ、システムの更新をうながされ、実行したところ音質が変わった。ファームウェアのアップデートで内部の処理を改善できるのは強みだ。もしかしたら製品版では、さらなる音質向上を果たしているかも知れないが、12月19日時点での音質を中心にコメントしよう。

ACTIVO CT10
プレイリストも多く再生した曲から自動生成される
ACTIVO CT10
「多く再生した曲」を開くと再生回数順に曲が並ぶ

 まず傾向は、音場感重視のAstell&Kernとは一味違うものだった。製品のコンセプトが違うので当たり前なのだが、音場感の優劣は、量感のある低音とかヌケのいい高音と比べて分かりにくい。理由は音場感を追求すればフラットな特性が求められ、地味な音になりやすいから。

 「CT10」は若者や音楽ファンが気軽に使える点を重視したモデルなので、中低域の音の厚みや細かい音をきちんと聴かせる点をアピールした音作りである。だからといって音のエッジを立てて、メリハリを効かせるわけではない。一聴してハイレゾらしい情報量の多さを感じたし、Astell&Kernらしい繊細な音を聴かせてくれた。

 バランスは中低域寄りにあり厚みのある音だが、低域は膨らませ過ぎずにうまくドライブしている感じがする。もっと派手な音を予想していたが、これならハイレゾプレーヤーをいろいろと聴き込んだ人でも納得できる音だろう。

ACTIVO CT10
イコライザーはジャンル別にプリセット項目がある
ACTIVO CT10
グラフィックイコライザーを使って新規設定もできる

 アナログオーディオの世界では、1チップ化されたものより、独立した部品を組み合わせて回路を構成する「ディスクリート構成」ほうが尊ばれる傾向があった。ディスクリートの定義は曖昧だが、オペアンプなど汎用のIC(集積回路)を極力使わずに、高音質パーツを組み合わせて作った回路ぐらいの意味合いだ。

 ポータブルオーディオの世界でも回路や基板を独自に起こして高音質化を狙った機種が存在する。ただしサイズやバッテリー寿命などの面でデメリットがあり、何よりコストが上がってしまう。そんな中、独自開発した共通のモジュールを使って、手軽にいい音を提供するという考え方は興味深い。

 TERATONを使えば、いきなり完成度の高いDMPが出来ることが分かったし、このモジュールが、今後どんな機器に使われるかが楽しみになってきた。

■関連サイト