[ベルリン 26日 ロイター] - ドイツのガブリエル外相は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後の英・EUの関係について、ウクライナやトルコなど未加盟国とEUとの関係性において、モデルケースになり得ると指摘した。両国はEUとの緊密な関係を望んでいるが、まだ加盟の用意はできていない。

今月のEU首脳会議はブレグジットを巡る交渉で、移行期間や将来の通商関係を協議する「第2段階」に入ることを正式承認。英国はブレグジット後のEUとの関係では、「第3国」として扱われるのではなく、「元加盟国」としてより密接な関係を望む姿勢を打ち出している。

ガブリエル外相はフンケ新聞グループのインタビューで、EUが未加盟国との関係をどう構築していくのかという問題を巡って、ブレグジット後の英・EUの関係が解決策になる可能性がある、と説明した。

外相は「トルコやウクライナが向こう数年以内にEUに加盟するとは想像できない」とする一方、「ブレグジット後のEUとの関係で英国とうまい合意ができれば、他国に対してもモデルになり得る」と語った。

トルコはEUと既に関税同盟を結んでいる。EU・ウクライナ間で締結した「深い包括的自由貿易分野」に関する合意は9月に発効した。