[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比47円51銭高の2万2831円49銭となり、反発して始まった。前日は北朝鮮情勢への懸念で後場に値下がりしたが、海外市場の反応は限定的となり、主力株を中心に買い戻しが入っている。

TOPIXも反発。鉄鋼、非鉄金属、卸売が堅調。金融セクターも上昇している。半面、食料品や空運、パルプ・紙、水産・農林がさえない。

(※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)