Amazon
「Amazon Echo」

 11月に招待されたユーザーに発売したアマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」。ややクセがあるものの、家電との連携はほかの製品よりも幅広く対応しているので今後に期待がもてます。

 さて、少し前まで各メーカーのスマートスピーカーの話題で持ちきりでしたが、最近また影が薄くなってきたと感じているのは気のせいでしょうか。正直、やれることは限られていて実用的なレベルに達するにはまだ時間が必要なうえ、しばらく“お試し”期間が続くと思ったほうがよさそうです。

 Amazon Echoは、スマホアプリの「Amazon Alexa」を使って「スキル」と呼ばれる専用アプリをインストールすることで機能が拡張されます。例えば、インターネットラジオ「radiko」で放送を聴くには、radikoスキルを追加してからAmazon Echoに向かって「アレクサ、ラジコで東京FMをつけて」と伝えれば東京FMの番組放送が楽しめます。

 また、Amazon Echo専用プラン「Echoプラン」(月額380円)に加入すると、4000万曲以上の楽曲が聴き放題になる「Amazon Music Unlimited」が利用可能になるので、自宅で手軽に音楽を楽しみたいなら加入してみてもいいかもしれません。なおEchoプランに加入するには、Amazon Echoに向かって「アレクサ、Amazon Music Unlimitedに登録して」と言うだけでOK。横文字はちょっと言い辛いですが、あえて直接Amazon Echoから手続きできる仕組みにしたのはおもしろい試みです。

Amazon
応答中は青く光る

 前置きが長くなりましたが、今回はAmazon Echo初心者向けとして、おすすめのスキルを紹介したいと思います。まずはスキルを追加しないと始まらないので、気になったものがあればぜひインストールしてみてください。ちなみに呼びかける際のフレーズとなる「アレクサ」は、「Amazon」「Echo」「Computer」に変更可能です。

Amazon
スキル一覧ページ
Amazon
呼びかけるときのフレーズを変更できる

ニュース系はやはり「Yahoo!ニュース」がオススメ

・Yahoo!ニュース

 新聞社や通信社などの情報提供元から配信される最新のニュースをチェックできます。ニュースの内容は6時、12時、18時に更新され、利用する際は「アレクサ、ヤフーニュースを開いてニュースを教えて」と話しかけるのですが、自宅のAmazon Echoではうまく認識しないで「アレクサ、ヤフーニュースを開いて」と起動してから使っています。ほかに専門情報や週刊誌情報もあります。

  • 日テレNEWS24
  • TBSラジオニュース
  • NEWSポストセブン
  • ロボスタ

 ロボスタは、ロボット情報ウェブマガジン「ロボスタ」の最新ニュースです。ロボットだけでなく、IoTや音声アシスタントなどの最新テクノロジーに関する情報をチェックするのに役立ちます。

 ニュース系のスキルを利用する際は「アレクサ、ニュースを教えて」で最新ニュースを読み上げてくれますが、複数のニュース系スキルを追加している場合、一覧の一番上から順番に読み上げていくため目的の情報を最短で取得するのは難しい面があります。優先度はAlexaアプリから変更できるとはいえ、生活の中で求める情報は常に変動しているのでなかなか悩ましいですね。

ライフスタイル系

・三菱東京UFJ銀行 Voice Banking for Alexa β版

 口座残高と直近5件の入出金明細を確認できます。まさかAmazon Echoで自分の口座残高を簡単に知ることができるなんて思ってもみませんでしたが、初期設定を済ませばいつでも教えてくれるので給料日やボーナス時期に役立つかも。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行

 意外にも大手銀行がスキルを公開しているのには驚きました。

・仮想通貨チャート

 みんな大好き仮想通貨の日本価格を教えてくれます。ビットコイン、ネム、モナコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなど、メジャーな仮想通貨の価格をこたえてくれますよ。

・クックパッド

 利用にはプレミアム会員であることが条件ですが、料理レシピを検索できます。使い方は、まず「アレクサ、クックパッドを開いて」と言って起動し、使いたい材料をひとつ指定します。するとその材料を使ったおすすめレシピを紹介してくれます。それだけ(笑)。残念ながら作り方は教えてくれないようですが、仮に教えてくれたとしても音声だけで料理するのは難しいうえに、手順を自分のスピードにあわせて読み上げてくれないと無理ですよね。

・ウェザーニュース

 気象情報会社「ウェザーニューズ」が提供する天気予報。各地、週間予報、週末の天気予報を確認できます。また、もうひとつのスキル「天気予報トピックスのウェザーニュース」を追加すれば、フラッシュニュースとして天気予報のほか、紅葉、桜、花粉などの季節に関連した情報や、大雨や大雪、台風といった大きな影響が予想される場合でも、ピークや注意点を知ることができます。

 ちなみにアスキーでも「JAWS-UG on ASCII」という、AWS(Amazon Web Services)が提供するクラウドコンピューティングを利用する人々の集まり(コミュニティー)に関する勉強会レポートやAWSの最新ニュースを伝えるスキルを配信しているので、興味がある人はぜひインストールしてみてください。

Amazon
「JAWS-UG on ASCII」スキルもあるぞ

・全国タクシー

 スマホ向けのタクシー配車アプリ「全国タクシー」をAlexaから利用できるスキルです。あらかじめスマホ向けの全国タクシーアプリでAlexa設定をしておけば、Amazon Echoに話しかけるだけでタクシーを呼んだり探したりできます。

Amazon
「全国タクシー」アプリと連携するとAmazon Echoから配車できる

・資生堂

 天気予報と美容のアドバイスをしてくれます。例えば、今の時期だと「肌の冷えに注意。生え際マッサージでめぐりをアップさせましょう」という感じでその日の天候と肌に関するアドバイスをしてくれます。ほかにも「乾燥」「シミ・そばかす」「毛穴」など10種類ほどの肌の悩みにこたえてくれます。

・JR東日本 列車運行情報案内

 JR東日本管内の在来線、各新幹線の運行情報を確認できるスキルです。通勤・通学などよく利用する路線名を登録後、「アレクサ、JR東日本を開いて」と言うと登録した路線の運行情報を読み上げてくれるので、毎朝の忙しい時間帯でも簡単にチェックできます。もちろん、遅延が発生した場合も正確に教えてくれます。

・dヒッツ

 ドコモが提供している音楽サービス。邦楽アーティストが豊富なうえに、懐かしの名曲から新曲まで5000プログラム以上を配信しているのが特徴です。スマホ操作が必要なく、音声操作で簡単に音楽が楽しめます。

 Amazon Echoは小さい割に大音量で再生できるので、広めのリビングでも十分に楽しめると思います。

・radiko

 インターネットラジオサービス「radiko」を利用できるスキル。ラジオ好きには必須。

スキル次第で可能性が広がる

 これは意外でしたが、なんと「カラオケJOYSOUND」のスキルが配信されており、自宅でカラオケが楽しめちゃうんです。配信楽曲はおよそ300曲と少なめではあるものの、Alexaアプリから歌詞カードを確認しながらカラオケの練習ができるので、これからの新年会や春の新人歓迎会に向けて活用してみてはいかがでしょうか。

 ここで紹介したスキルのはほんの一部。まだまだたくさんのスキルが配信されており、ゲームやエンタメ、出前サービスまで揃っています。なかなかクセがあって使いこなすには難しい面がありますが、今後のアップデート次第では楽しいAlexa生活が送れるようになるかもしれません。

 ちなみにAmazon Echoを利用するうえで最大のデメリットは、呼びかけるフレーズをユーザー側が細かく覚える必要があるということ。当然と言えば当然かもしれませんが、radikoを例にすると、「アレクサ、東京FMをつけて」ではダメなんです。「アレクサ、“radikoで”東京FMをつけて」と、スキル名を呼んであげないと認識しないのは割と面倒です。電車の運行情報も同様で、「アレクサ、“JR東日本の”◯◯線を調べて」と言う必要があり、いきなり「◯◯線を調べて」では認識してくれません。この2つの例は覚えやすいスキル名なので難しくありませんが、追加するスキルが増えるほど呼びかけるフレーズを覚える量も増えていきます……。

 なお、Alexaアプリから利用状況をフィードバックできるので、都度、正しく応答できているのかチェックしておくとAlexaの進化の手助けになるかもしれません。

Amazon
たくさんフィードバックすればもっとAlexaが賢くなるかも!?

慣れてきたら「定型アクション」を試してみよう

 Amazon Echoでは、フレーズを一度言うだけで複数の指示を同時に出せる「定型アクション」機能があります。例えば、「アレクサ、朝の支度」と言うと天気予報を読み上げたあとに続けてニュースも調べてくれます。定型アクションは自由に登録できるので、朝、昼、夜など時間帯で違う実行コマンドを設定すればさらに使い勝手が良くなるでしょう。また、スマートホームと連携することで、照明や家電の操作も可能になります。

Amazon
慣れたら「定型アクション」を使ってみよう
Amazon
一度の呼びかけで複数の処理が可能

 2018年、スマートスピーカーがどこまで進化できるのか引き続き注目していきたいと思います。気になった人はぜひAmazon Echoを試してみてください。

■関連サイト

Amazon.co.jp