[ワシントン 3日 ロイター] - 米商務省が発表した11月の建設支出は、民間住宅などが伸び、年率換算で前月比0.8%増の1兆2570億ドルと過去最高を記録した。

伸びも市場予想の0.5%を上回った。前年同月比では2.4%増加した。

内訳では、民間住宅が1.0%増加し、2007年2月以来の高水準となった。住宅建設の最近の伸びに沿った動きで、住宅部門が第4・四半期の成長押し上げに寄与するとの見方を裏付けた。

住宅以外の民間建設は0.9%増。この結果は民間建設は全体で1.0%増加し、過去最高となった。

公共部門は0.2%増。州・地方政府は0.7%増。一方、連邦政府は4.8%減少した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)