[3日 ロイター] - 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、メンバーらが年内追加利上げの必要性を全般的に確信しているとの見方が広がり、3日の米短期金利先物相場は3月利上げ予想がやや高まった。

CMEグループ<CME.O>のシカゴ証券取引所で取引されるフェデラルファンド金利先物をロイターが分析した内容に基づくと、市場関係者が織り込む3月利上げの予想確率は約70%、議事要旨公表前は68%だった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)