[ロンドン 3日 ロイター] - 3日の原油先物相場は2%近く上昇して、約2年半ぶりの高値をつけた。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国イランの情勢や、底堅い米独経済指標を受け、買いが加速した。

米東部時間午前(日本時間4日未明)時点で、米国原油指標のウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物<CLc1>が1バレル=61.35ドル。一時、61.50ドルの高値をつけた。

北海ブレント原油先物<LCOc1>は67.46ドル。一時、67.62ドルまで上昇した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)