ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵が語る小泉発言の真相

竹中平蔵・慶応大学教授 
「かんぽの宿は官僚の自爆テロか」

チーム・ポリシーウォッチ
【第1回】 2009年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー

小泉元首相を、倒閣運動ともとられかねない痛烈な麻生政権批判に駆り立てたのは、ほかでもない、一連の郵政民営化潰しの動きにある。特にかんぽの宿売却問題は、日本郵政・西川善文社長の追放を目指す官僚の自爆テロだった疑いすらあり、小泉氏も警告を発したのではないかと、竹中氏は指摘する。

竹中平蔵(慶応大学教授・グローバルセキュリティ研究所長)
1951年和歌山県和歌山市生まれ。一橋大学経済学部卒。日本開発銀行などを経て慶大教授に就任。2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣。02年経済財政政策担当大臣を兼務。04年参議院議員当選。05年総務大臣・郵政民営化担当大臣。

この動画は、チーム・ポリシーウォッチ提供によるものです。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チーム・ポリシーウォッチ

チーム・ポリシーウォッチは、既得権益とは無縁な経済政策に関する専門家集団。ウェブを通じて、官僚主導の現在の経済政策に対し問題提起を行なっている。ウェブサイト「ポリシーウォッチ」では、動画で有識者達が世の中の論点を動画やテキストで解説。ポリシーウォッチ(http://policywatch.jp/)


竹中平蔵が語る小泉発言の真相

小泉元首相が、一連の郵政民営化潰しの動きに痺れを切らして、倒閣運動ともとられかねない痛烈な麻生政権批判をやってのけた。その真意を、盟友・竹中平蔵氏が読み解く。

「竹中平蔵が語る小泉発言の真相」

⇒バックナンバー一覧