[4日 ロイター] - 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した、昨年12月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が25万人増と、3月以来の大きな伸びを示した。

エコノミスト予想の19万人増を上回った。

前月分は前回発表の19万人増から18万5000人増に下方修正された。

翌5日には12月の米雇用統計が発表される。ロイターがまとめたエコノミスト予想では、民間部門雇用者数が18万5000人増と、前月の22万1000人増から伸びが鈍化し、失業率は変わらずの4.1%と見込まれている。